クンバービシェーカム

2018年06月08日

6月に入り、日本は、梅雨の季節ですね。

南インド、アナイカッティのプーッジャスワミジのグルクラムでは、クンバービシェーカムが行われます☆
https://arshavidya.in/kumbhabhishekham/

グルクラムのテンプルでは、日々、プージャーもとても丁寧で、執り行われていますが、
6月17日は、クンバービシェーカムと言って、テンプル内の神さまだけでなく、テンプル丸ごとのプージャー(儀式)が執り行われるとのことです!
また、その前後にも、特別なプージャーが執り行われるようです。
テンプル内の神様は、ダクシナームールティを始め、ガネーシャもデーヴィーも、どの神様も、その姿やお顔はとても美しく、プージャーも、そこに来られる皆さまの姿も、そして、唱えられるマントラも、その伝統の持つ美しさに感動をします。


この度、2月3月の楽しいサンスクリット語&チャンティングの会にご参加いただいた皆様よりお預かりしたお金は、クンバービシェーカムの日に、ビクシャーとして、また、クンバービシェーカム後40日間 続くマンダラプージャーに、という素晴らしいアレンジメントを先生にしていただきました!

6月、クンバービシェーカムの時期に想いを馳せながら、また次に、グルクラムを訪れる日が楽しみです☆